脱毛できない

脱毛する際に気をつけなくてはならないこととは?

 

脱毛するときの注意点をカウンセリングに行くと必ず説明されます。

 

そうしたことを知らずに、または無視して施術を受けてしまうと想定外のトラブルがおきかねませんし、エステサロン側では責任が取りきれない事態を避けるための重要なポイントなのです。

 

 

たとえば、肌荒れやアトピーなど肌トラブルがひどい場合はフラッシュの照射がさらにダメージを引き起こさないとも限りませんし、特定の持病などを持っている人も施術を受けられないケースがあります。

 

 

色の黒い人は脱毛できないの?

 

光脱毛では黒い色に対して反応する光を利用して毛根を破壊させるため、できるだけ肌の色との差が大きいほうが望ましいです。

 

地黒の人よりも色白で、ムダ毛の色が濃ければ濃いほどその効果が顕れやすいことになります。

 

逆に欧米人のように肌の色がいくら白くても、ムダ毛が金髪という組み合わせではあまり脱毛効果は期待できなくなってしまうのです。

 

もともとお肌の色が黒っぽい方は、色白の人に比べると施術の回数が多めになってしまうかもしれませんね。
今は紫外線の害についてみなさんよくご存知ですから、紫外線カットは常日頃対策しているとは思いますが、脱毛サロンに通っている間は特に日焼けしないように心がけてください。

 

 

 

日焼け直後には施術を断られる場合も!

 

じつは別の観点からも日焼けしていると施術を受けられなくなってしまいます。

 

 

というよりも日焼け直後の肌だと、光脱毛の施術はNGという感じですね。

 

 

日焼け肌が脱毛できない理由は照射によってヤケド等の炎症を引き起こす可能性があるからです。

 

 

脱毛器の光は特殊なフィルターを通しているため、基本的に肌には害が出ない光線になっていますが、すでに日焼けで炎症が起きてしまっていたら、毛根で発生させられる熱によるダメージがどれほど大きく刺激になるか分かりません。

 

そもそも日焼けそのものが一種の火傷ですから、肌は熱を持ってしまっています。そんな状態のところに脱毛機での光を照射したとしたら、炎症は悪化するばかりなのはお分かりいただけると思います。

 

ですから、照射を受けた日にはUV対策をしっかりしておく必要があるのです。

 

照射後にもUV対策はしっかりと行なわなければなりませんし、間違っても施術後に屋外のプールに行って肌を焼いてしまったりしちゃダメですよ。

 

 

また、当日には入浴も制限されているはずです。

 

これもやはり肌が熱を持ちやすいため。

 

ミュゼでは光を照射後には該当部位のお肌に冷たいタオルを当て、その場で冷却してくれますが、内部では熱によるダメージを受けているので、直後に熱くなるような事態は極力避けるべきなのです。

 

激しい運動を禁じられるのもこうした理由からなのです。