毛周期,脱毛

毛周期ってなに?

脱毛に関心のある人は毛周期という言葉を既にご存知の人も多いでしょう。
ひとことでどういうものなのかというと「毛が生え変わるサイクル」と考えればいいと思います。

 

まず最初は毛穴の奥で毛母細胞が活性化し新たな毛根が生まれだんだんと成長して行くと、毛が伸びで肌の表面の見える部分に出てきます。

 

しばらくの間伸び続けますが次第に退行期に入ると細胞分裂は止まって、ある程度の長さで成長がストップします。

 

成長が止まった毛は自然に押し出される形で抜け落ちて、その毛穴は次に生え出すまで休止期となります。

 

このサイクルを繰り返すことが毛周期で、体の部位やその人個人の年齢・体質等によって生え変わる周期には差があります。

 

 

たとえばどんどん長くなる髪の毛周期は4-5年だそうですが、ムダ毛はもっと短いサイクルで生え変わります。

 

脇毛をのばし続けたからといって何十センチもの長さになったりしないのは毛周期のサイクルが頭髪に比べて短いためなのです。

 

 

毛穴と毛周期の関係

 

からだ全身には頭髪をはじめとする目に見えているもの以外に、見えないものも含めて何万という毛穴が存在しています。

 

10個の毛穴があるとしたら今現在生えているのは3分の1程度に過ぎないそうです。
ムダ毛が生えているところの毛穴は分かりやすいですが、今現在生えていない休止中の毛穴はその2倍も隠れているという計算です。

 

一度に全部生えたらどんなにかモジャモジャでわさわさ状態か想像もできませんよね?まさに毛むくじゃら人間でしょう。
がこんどは生えている毛が一気に抜けたとしたらその期間だけが髪の毛も含めツルツルになってしまいます。

 

でも毛周期があり順番に毛穴が活動することで一定量を保っているというわけです。

 

効率よく脱毛するための期間と回数

フラッシュやレーザーなどの光でお手入れする脱毛方法では成長期の毛根にのみ作用します。

 

ムダ毛の生えていない毛穴や退行期に入っている毛には効果が発揮できず抜けてくることはありません。

 

逆に言えばムダ毛の生えていない毛穴から生えてくるのを待たなくては光を当てる意味がないのということになります。

 

脱毛が1度のお手入れで完了できないのはこのためです。

 

 

短期間に何度も照射しても効果が得にくいだけでなく、お肌の負担になってしまう可能性もありますし、むだな照射が多ければ費用的な面でも損しているということです。

 

こうした理由のためにどこのエステサロンでも、次回のお手入れまでに一定以上期間をあけての照射が通常で、何度か通うことでのみ体全体の脱毛を終了できるようになっているのです。

 

 

予約が2ヶ月も先になってしまい、こんなペースでいつ脱毛が終わるの?と不安に感じたり、不満を持たれたりする方も多いようですがちゃんと理屈に合った方法なんですね。

 

 

わたしの場合も2〜3ヶ月に1回の照射を4〜6回することで、部位によっての差はあるもののムダ毛は徐々に細く目立たなくなっていきました。

 

ホント自宅でのケアが驚くほど楽になりましたよ♪

 

なのでミュゼに限らずフラッシュ脱毛で施術を行なっているエステサロンなら、まずは1年間で6回くらいのプランを選ぶのがおすすめかなと思います。