医療脱毛

レーザーとフラッシュ脱毛はどう違う?

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛にしても光を利用して毛根の細胞を破壊することで毛が生えてこないようになるというのが原理です。

 

違いがどこにあるのかをひとことで言えば、パワーが強いか弱いかの違いでしかありません。

 

レーザーは高出力で一回の照射で毛母組織を破壊できる威力がありますが、その分施術には痛みも伴います。

 

なぜなら毛穴の中では一種の火傷に近い現象が起きているから。

 

実際には
ヤケドといってしまうのはかなり語弊がありますが、この熱によるタンパク質の変性のおかげでその毛穴からはもう二度とムダ毛が生えてこない永久脱毛に近い効果が期待できるのです。

 

しかしながらそのハイパワーさゆえ照射の際には気をつけないと、やけどの症状を起こしかねない危険さを併せ持っています。

 

 

もし万一施術で火傷をしたとしても、医療機関であるために専門の医師が在中していますし、担当の看護師さんでもすぐの処置が可能です。

 

こうした医療行為が必要になる可能性があるために高出力機器のレーザー脱毛はクリニックでのみ行なわれているのです。

 

 

光脱毛はパワーが強ければ強いほどよく抜ける?

 

エステティックサロンでは医療脱毛で扱えるほどの出力での施術は認められていません。

 

毛根の細胞を破壊するという行為自体が医療行為に当たってしまうので、いくら高性能の機器でも出力を抑えて照射されます。

 

このため人によっては脱毛効果がなかなか得られにくいと感じるケースも起こりがち。
毛質や肌質によっての差はあるものの1回で脱毛効果を得られることはありませんが、安全性を優先し何度かの照射で次第にムダ毛が目立たなくなっていくという方式をとっているのです。

 

そのかわりに施術の際の痛みはぐんと少なく、全身の中でほとんど感じない部位ばかりといっても過言ではないでしょう。

 

痛いと感じるのであればよく効いている証拠と考えられますので、脱毛効果も期待できますが、逆に痛みがないと抜けないということではありません。

 

 

脱毛クリニックと脱毛サロンのどちらを選ぶのがいいか?

クリニックでしか行なえないレーザー脱毛と気軽に通いやすいエステサロンのどちらがいいのかというとそれぞれの長所と短所をしっかり見極める必要があります。

 

医療レーザー脱毛のは良いところは1回の照射での効果がとても高いということです。
が、その反面照射面積が小さく処理できる本数が限られるということはデメリットといえるでしょう。

 

このためレーザだと1つの部位で何度も照射する必要がでてきてしまいます。

 

脇脱毛の施術

またレーザーはフラッシュに比べて痛みがかなり強いので、痛いのがダメという方はエステを選んだほうが正解です。
エステサロンの機会の場合一度に照射できる面積が大きいので施術時間がとても少なくてすむのがメリットなのです。

 

 

とはいえ、多少痛くても短い期間で脱毛を終了させたいと考える人は医療レーザーをおすすめできる人です。

 

いまはクリニックでも高級エステサロンのようなゆったりとしたキレイな設備を持つ美容皮膚科も増えています。

 

料金の面でも以前よりも格安になってきてお試しコースを用意している脱毛専門クリニックなどもあるので両方に行ってみてから決めても遅くないですよ。