脱毛 メリット

脱毛する一番のメリットって何?

脱毛後の肌はムダ毛が生えてこなくなるために行なうと思っている方がほとんどでしょう。

 

ワキの処理

でもフラッシュ方式による光脱毛のメリットはそれだけではありません。

 

光で毛根に影響を与えて毛母細胞を弱らせていくため、毛穴はどんどん小さく引き締まりお肌がツルツルになれます。

 

そしてムダ毛が生えてこなくなれば、かみそりで剃る・毛抜きで抜くなどの処理がその後はずっと不要になるのです。

 

日々の面倒くささから開放されるのはもちろんですが、わたし個人の感想としては肌の乾燥でひびが入る、色素沈着して黒ずみがあるといった肌荒れの悩みからサヨナラできたのが一番うれしかったです。

 

カミソリで毛を剃るときには、いくら気をつけても肌の細胞を必ず一緒にそり落としているのだそうです。

 

表皮がなくなることで肌の水分はどんどん失われ、乾燥肌はどんどん進行してしまいガサガサしたりひび割れするような状態を引き起こすのです。

 

毛穴のブツブツといってもムダ毛をのばし放題に放置しておくわけには行きませんから、剃ったり抜いたりを繰り返すうち埋没毛と呼ばれる埋もれ毛ができたり、黒ずみが取れなくなってしまう悪循環に陥ります。

 

みなさんもこんな風にムダ毛処理でお肌を痛めていませんか?

 

こうした肌トラブルがいったん脱毛してしまうことで、この先ずっと解消できるならそんなステキなことはありませんよね。

 

またハイジニーナと呼ばれるvio脱毛では、見た目の問題よりも生理中のムレや匂いに悩まされることがなくなるメリットが大きく大人気のコースになっています。

 

 

脱毛に副作用やリスクはないの?

脱毛サロンでの施術には痛みや肌への負担などに関して不安を感じる人もいるようですね。

 

感じ方には個人差があるとはいえ、わたしが実際に受けた感想ではニードルや医療レーザーに比べたら痛みはほぼないといってもいいくらいのレベルと思います。

 

デリケートゾーンのように太くて黒い毛には光がよく反応するため、照射の際に多少チクッとかピリッとするような痛みが走ることもあります。

 

涙が出るほど痛いとか苦痛で続けられないという感じはないので怖がる必要はありませんし、エステティシャンにそのことを伝えれば出力を弱めてもらえます。

 

ただそれでも、ごくまれに肌が赤くなったり火傷に近いような症状が出てしまうケースがないとはいえないそうです。

 

注意点としても脱毛処理中、特に照射前後の日焼けは避けなければなりません。
技術者が失敗してというよりは肌の状態に左右されて起こるようですが、皮膚科の病院と提携し、お医者さんに相談してみてもらえるシステムのあるミュゼやTBCなら安心なのでサロンを選ぶ際の参考にしましょう。

 

 

毛がなくなることでのデメリットってある?

 

唯一デメリットといえるのか分かりませんが、両脇脱毛を下人の中には汗をかきやすくなったとか量が増えたと感じる方があるそうです。

 

脱毛したことでそれまではムダ毛が吸収していた汗の水分が皮膚の上をそのまま流れてしまうために、体感としてそういう気がするだけで実際には汗の量が多くなるということではありません。

 

汗染みに困るようになったという場合もあるそうですが、誰もがなるわけでなく脱毛し終わってみないとなんともいえないタイプの副作用といえるかもしれません。