脱毛 痛み

太い毛ほど脱毛の痛みが強い理由

レーザー脱毛にしてもフラッシュ脱毛にしてもその原理は、黒い色に反応する光エネルギーの性質を利用し毛根組織に作用させることで生えてこなくなるというものです。

 

これが医療レーザーならば高出力ですので一度の照射でも毛根の組織を破壊できますが、フラッシュの場合はダメージを与えるレベルで作用しているといった違いにつながっているのです。

 

レーザーの場合なら、黒い毛に集中したエネルギーは高温になって毛根を焼くことでたんぱく質の変性を起こし新しい毛が生えなくなるのですが、フラッシュでは組織の破壊が完全には起きないので、次にうぶ毛のような細い毛が生えてくることが多いです。

 

狭い範囲にエネルギーを集めるか、同じ力を広い範囲に分散させるかで脱毛効果に差が出るわけですね。

 

黒いものに反応する光なので、毛が太くてより黒いほうがエネルギーを集めやすく、結果的に毛根への影響も大きくなっていきます。

 

細いうぶ毛は色も薄いので、照射回数を多めにしてもなかなか抜けてくれないのはこのためです。

 

 

痛みの正体はやけど?

 

黒くて太い毛ほどエネルギーが良く伝わるので高温になりやすく、その分痛みも強くなってしまうのですが、これは毛根部分で一種の火傷が起きているためです。

 

医療レーザーのように1回で毛根を破壊するほどの威力はないにしてもある程度のダメージを与えているからこそムダ毛が減っていくのです。

 

最近ではまったく痛みがない脱毛方法もあるようですが、今のところ効果の点ではまだ主流になってはいませんね。

 

 

結果的には黒くて太い毛ほどエネルギーが良く伝わるので高温になりやすく、その分痛みも強くなってしまいます。

 

しかしこの痛みがあるということが毛根までその作用が届いていることの裏返しでもあり、はっきりとした脱毛効果が出てくれる証拠でもあるのです。

 

実際に受けた脱毛の施術では、痛みがあるほうが後でよく抜けると感じている方も多いのではないでしょうか?

 

 

痛みをガマンすれば早くツルツルになれるの?

何度かフラッシュ脱毛に通いだんだんと照射に慣れてくると痛さを我慢したくらいの方が効果が早いことが体感的にも分かってきます。

 

そうした人の中には施術を受ける際、エステティシャンさんにお願いして出力をあげてもらう強者もいるみたいですね。

 

光脱毛はパワーが強ければ強いほどよく抜けるというのはある意味間違いではありません。

 

自分が痛ささえガマンできればたしかに効率がいい気がするのもよく分かりますし、この裏技(?)を口コミでおすすめしている人がいたのも見かけたことがあります。

 

効果が上がれば通う回数が減ってくれるので全体的な脱毛費用も安くすむので良いこと尽くめ、そんな風に考えがちです。

 

とは言うものの、やはり一定以上の出力で照射すると、お肌の状態や肌質・皮膚の色味によってはやけどのような症状になってしまう可能性も否定できません。

 

明らかに日焼けしているようなときには脱毛してもらえませんが、これもやけどなどのトラブルが起こりやすい原因になるからです。

 

ましてやエステティックサロンでは、美容クリニックなどと違ってお医者さんがその場にいるわけではありません。

 

万が一何かあった時にすぐ治療や処置をしてもらえるわけではないのです。

 

もし自分は痛みに強いかも?と感じるのであれば、きちんと医療レーザー脱毛をうけに行くほうが安全です。

 

 

脱毛効果が高いエステサロンは危険?

脱毛サロンによっては、もともとかなり強めのパワーで光を当てているエステが存在しているウワサもあります。

 

エステでの脱毛なのに、照射の際の痛みがかなりあって、しかもよく抜けるというようなサロンの場合、もしかすると法的規制で決められた出力以上のパワーで施術しているのかもしれないということです。

 

脱毛効果が早くあらわれればそのサロンは口コミでも人気がでるのは想像できますが、もしかしたら肌トラブルと紙一重なのかもしれません。

 

照射の際にあまりに痛みの強いような脱毛サロンは気を付けた方がいいかもですよ?